一緒に考えてください。「災害時に助ける」ことを。

一般社団法人災害避難研究所

一般社団法人 災害避難研究所
東大阪市玉串町東2-5-39
TEL:072-925-3450 FAX: 072-923-8710

一緒に、素早く、安全に避難いただくための「人引車(ジンビキシャ)」

緊急時避難の名アシスタント 「人引車®」

2タイプの人引車(一体型と金具取り付け型)

車輪付き椅子の一体型「人引車」一般の車椅子に取り付け可能な「人引車金具」

人引車®は2タイプある避難支援器具です。車輪付椅子タイプ(車輪付き椅子:一体型)と既存の車椅子に取り付ける金具タイプいう利用いただく方のスタイルに合わせてお選びいただけるよう2タイプを開発しました。

もともと、「緊急時高台避難鎖階段 逃げるんだ・登るんだ」を開発する過程で、足の不自由な方が避難施設まで逃げることの難しさを知り開発をスタート。開発者である自分自身が「誰かに助けてもらえるためにはどうすればいいのか?」を考えていた時、テレビの時代劇でみた「大八車」から「押すではなく引く」イメージを発案しました。

また、四国霊場巡りをしている自身の目から見て、とりわけ四国にお住いの方々の避難の難しさ、救助の大変さから、いかに安全かつ楽に避難、救助を行うことができないかと考え、「車椅子」の活用を思いつき、この2つのイメージを具体化するために様々な試作機、試作機具を作りテストをした結果、「人引車®」を作り出すことに成功しました。

引く人と引かれる人、安全に避難していただくための補助用具

引いて避難。人引車で安全に避難いただけます。

高齢者、足の不自由な方を伴い避難することの難しさ、危険度の高さは先の東日本大震災で思い知らされました。自分が逃げるだけでも大変なところ、高齢の方や足の不自由な方を伴っての避難は容易ではありません。 とりわけ車椅子を押して逃げることに対する問題は顕著に現れると考えました。

1)「押される」ことに対する恐怖心

例えば目の不自由な方をエスコートする時には、誘導者は不自由な方の半歩前を歩き、肘を持ってもらいエスコートします。実はこの距離と前を引くことこそが重要なポイントであると気づくに至りました。押されることで、自身の意思に反して力が加えられ、自身で制御がきかないことに対する恐怖心を煽るのではないか?ならば前から引っ張ることで安心して逃げられるのではないか?と考え「引く」ことのできる仕組みを考えました。

2)「引く」ことの力の作用

日本人は海外の方に比べ、「押す」力より「引く」力の方が強いという話を聞きます。実際の統計的な話ではないようですが、骨格の違いや農耕狩猟の民族性から説明をされている方も多く、また、ノコギリのように日本式は引歯で西洋式は押歯というように、どちらかというと日本人は「引く」ことに秀でているとのお話を多く聞き、ならば「引く」ことに特化した仕組みを作ろうと考えました。

TYPE1 一体型の車付き椅子「人引車」

車輪付き椅子の一体型人引車

車椅子を利用されていない健常の方でも、一刻を争う避難の際に背中におぶってもらい逃げることは容易ではありません。そこで据え置き方の「人引車」。タイヤ付きの椅子に引手をつけました。緊急時には引手を下ろしていただくことで「人引車」に。 例えば個人の場合には玄関先や門のそばに椅子として設置いただくことで緊急時には避難車に。また、地域の拠点に配置いただくことで緊急時の荷車としてご利用いただくことも可能です。

【例えば・・・】地元バスの待合所のベンチの代わりに「人引車」を複数台配置。通常はベンチとしてご利用いただき、緊急時には荷車として活用されることをご提案致しております。また、カスタマイズのご要望に応じ、椅子の下に緊急避難用用具を入れておける機構の付けるなどのご提案も別途行っております。

Type2 様々なメーカーにつけられる金具タイプ

開発開始当初、あるメーカーの1台の車椅子に引手棒を取り付けたモデルを作り出しました。ところが、車椅子はメーカー各社から優れたデザイン、機能を含んだタイプが提供されているため、寸法構造がそれぞれメーカー、モデルによってことなりますので取り付けすることができないものが多く存在することに直面しました。また、簡単に取り付けるために手すり部分やポールの一部に器具を取り付けることも検討しましたが、「安全性」を考慮すると2点でしっかり固定したい。こんな無理な問題を克服する機構(金具)を開発しました。(特許出願中)

様々なメーカーに適合

特許出願中の人引車金具

特殊誘導金具(特許出願中)により多くのメーカー、モデルの車椅子に適合(※)。車椅子の寸法を気にすることなく取り付けできます。

※車椅子すべてのメーカー、品番を調査したわけではありませんが、一般的なモデルには取り付け可能。

安全設計

しっかりとした2点止め金具

車椅子の左右あわせて4箇所で引手棒を止めますので、安全です。また、暗い中でも引手棒をセットしていただけるよう工夫するとともに、万一引手棒の方向がうまくかみ合わない場合にもすぐにセットしていただける特別な機構を採用しています。

安心価格

コストを抑えた設計で、安心をお届けします。

無駄な装飾を抑えることでコストをカット。どなたでもご購入いただけるよう、1台1台手作業で準備いたしました。

身近におられる方と一緒に逃げていただく「人引車®」。

避難のスピードがぐっと早くなり、安心・安全な避難が可能になります。

車輪付き椅子対応の人引車
名称車輪付き椅子「人引車」
価格28,800円(1台)(税別・配送料別)
材質ステンレス・ゴム・他
備考タイヤはチューブレスタイヤを使用しています。
企画開発大興産業株式会社
製造マツモラ産業株式会社
一般の車椅子に取り付ける人引金具
名称人引車変換金具
価格 12,500円(1セット)(税別・配送料別・取り付け作業費別)
※取り付けは説明書に従い取り付けてください。
材質ステンレス製
重量牽引パイプ:1.36kg
パイプ取付金具:1.14kg
総重量:2.5kg
企画開発大興産業株式会社
製造マツモラ産業株式会社

いざという時に短時間で簡単にセット出来るように設計。無駄な機構、無駄な装飾を廃した結果安価でご提供出来るようになりました。 安心・安全にご利用いただける工夫をこらした「人引車」をぜひご検討ください。

製品のご注文やご質問、無償提供のお申し込みをお考えのお客様は、下記ボタンより、お問い合わせページへお進みください。

WEBで問い合わせ